About me

(English follows)

Nari Yamashina

1990年湘南出身。目鼻を除き、唇のみを描き込む独特のスタイル、異国情緒溢れる色彩やタッチが印象的なアーティスト。ちょっぴりルーズな生活感や、人間性を包み隠さず表現した作品は、多くのファンから共感を集める。作中に様々な国籍の人々が登場するのは、平和と平等を願う気持ちから。自身のギャラリーショップを茅ヶ崎に構えるとともに、各地での個展・POP UP SHOP開催、GUやMURUAといったアパレルブランドとのコラボレーションなど、勢力的に活動中。


EXHIBITION/

2015

1st solo exhibition “Beach Bums” をセレクトショップbuscape鵠沼にて開催 

2016

2nd solo exhibition “Couch Potato” をレインボー倉庫下北沢にて開催 

mini exhibition “Weekend” をShibuya Public Book Storeにて開催 

2017

3rd solo exhibition “Lovely Days” を青山gallery manhoodにて開催 

2018

Every Bowl広尾店にて作品展示、店舗デコレーションを担当 

Special exhibition “Nari” をアメリカ ポートランド gallery Dorsa Breviaにて開催 

2019

4th solo exhibition “Love-Hate Relationship” を原宿Kit galleryにて開催 

CLIFFORD CHANCE ARCUS PRIDE ART 2019にTOKYOアーティストとして出展 

2020

TRUNK(HOTEL)渋谷にてグループ展ART IN ISOLATIONへ参加

5th solo exhibition “AT THE END OF THE DAY” を渋谷gallery zakuraにて開催 

TRUNK(HOTEL)にてPOP UP SHOPを開催

GUクリスマスギフトデボックスデザイン、渋谷・銀座・原宿・香港店のウィンドウデコレーションとして起用

2021

堤幸彦監督作品“ファーストラヴ”タイアップ企画公式グッズにデザイン起用

湘南T-SITEにてPOP UP SHOP開催

LITTLE FUNNY FACE gallery(アトリエ兼ギャラリー)を湘南茅ヶ崎にOPEN

伊勢丹新宿店にてPOP UP SHOP開催

GREENROOM FESTIVAL ART AREA 出展

Brand/

GU, FRUIT OF THE LOOM(Japan), MURUA,  Lafayette, Made In Paradise(Hong Kong), AVEDA(Japan), Foot Print(US) etc...

Pop up shop/ 

伊勢丹新宿、銀座松屋、うめだ阪急、博多阪急、吉祥寺東急百貨店、ラフォーレ原宿、TRUNK(HOTEL)、湘南蔦屋書店

Born and raised in the Shonan area of Kanagawa Prefecture. Nari’s unique style utilizes a range of exotic colors and features figures with only lips which leaves a powerful lasting impression on it’s viewers. This all revolves around a couple central themes of “Laid-back Lifestyles” as well as “Human Touch”; which overlaps with a lot of her fans' lifestyles. With works that feature characters of various nationalities, that help represent a world of peace and equality.

Using Format